歴史

History

藤井牧場について

藤井牧場は、日露戦争から復員した藤井蔵吉が大正13年に5頭の乳牛を飼育したことから始まりました。現在は四代目となり、県内では最も古い酪農家の一つです。
全国的にも規模が小さく、牛舎も昔ながらの古いものですが、輸入の餌にできるだけ頼らず、地域の草を食べさせる飼育と、小頭飼育の特徴を活かして、牛一頭一頭の体調や性格に合わせながら、焦らず丁寧に育てています。

titiのこだわり

Commitment
こだわり01

朝搾りの牛乳を使用

酪農家としては残念な事ですが、多くのソフトクリームは牛乳を使用せずに作られています。しかしtitiのソフトクリームは牧場から届いたそのままのフレッシュな牛乳を使用しています。お客様に本当に美味しいものをお届けしたいという思いを込めた、特別なソフトクリームです。

こだわり02

低温殺菌

titiで使用する牛乳は全てパステライザーという機械で低温殺菌という工程を経ています。一般に出回っている牛乳の9割以上は高温殺菌ですが、これは短時間で処理できるというメリットの反面、高温で処理するためタンパク質が変性しやすく、風味が変化してしまうというデメリットがあります。それに対して低温殺菌では63〜65度で30分間かけてじっくりと菌を殺していきます。そのため、タンパク質の変性を防ぎ、生乳と同じようなサラッとしたのどごし爽やかな状態を維持することができます。

こだわり03

ノンホモ牛乳

多くの市販の牛乳は、ホモゲナイザーと呼ばれる機械を使って、牛乳に含まれる脂肪球を小さくする工程(=ホモゲナイズ、均質化)をしていますが、titiで使用する牛乳はそのホモゲナイズを行なっていない牛乳(ノンホモ牛乳)です。ノンホモ牛乳はそのまま置いておくと上部にクリームの層ができきるのが特徴で、より搾りたての牛乳に近い状態となっています。ノンホモ牛乳を使用することで、生乳独特の風味を保ち、お客様にホンモノの牛乳の味を楽しんでいただくことができます。

こだわり04

カルピジャーニ

ソフトクリーム界にもそのマシーンに様々なブランドがありますが、titiのソフトクリームマシーンは、カルピジャーニ(carpigiani)というイタリア製の高級ブランドのものを使用しています。ソフトクリーム界のフェラーリと言われています。そのマシーンから作り出される、濃厚で滑らかな舌触りをお楽しみいただけます。

店舗情報

山口県周南市大字戸田2713
[道の駅・ソレーネ周南]内
営業時間/10:00〜17:30
(木曜日は13:00〜)
電話番号/090-6652-2103

電話アイコン

電話でのお問い合わせ

090-6652-2103

受付時間 10:00〜17:30